専業主婦のカードローン

専業主婦がカードローンを利用する方法!

2010年、貸金業法が改定され、”収入の1/3までしかお金を借りることが出来ない”という法律ができました。
その為、収入のない専業主婦の方が消費者金融などでお金を借りることはできなくなってしまいました。

 

しかし、銀行のカードローンは、貸金業法ではなく銀行法に基づいて営業しているので、この法律の対象外となります。
その為、収入のない専業主婦でも、お金を借りることができるのです!

 

家計の強い味方に!

カードローン味方

収入の多い家庭なら、急な出費に困ることもありませんが、ご主人の稼ぎだけでやりくりするのは大変!という家庭もありますよね。
冠婚祭や病気や事故、教育関係などで急な出費があった時、現金を用意できない!と困ってしまう方も少なくないでしょう。

 

そんな時も、カードローンを作っておけば、いつもで現金を用意することが出来ます!
銀行のカードローンは、金利も安いので消費者金融と比べて返済額を抑えることもできます。
カードローンは、家計の強い味方になるのです♪

 

家族に内緒でカードローン

専業主婦でも夫に内緒でカードローンできる?

専業主婦の方が消費者金融でお金を借りる場合には、以下の書類が必要になります。

 

カードローン同意

 

  • 夫の同意書
  • 夫との婚姻関係を証明する書類
  • 夫の収入証明書

 

 

これだけの書類を用意するのは、お金を借りる方も大変ですが、それを確認する消費者金融側の負担も大きいので、専業主婦の申し込み自体を断る場合がほとんどです。

 

また、カードローンを考えている専業主婦のほとんどの方が、”心配をかけたくない”、”やりくり下手と思われたくない”と夫で内緒で作りたいと思っています。
消費者金融では同意書や証明書を提出しなければならないので、例え申し込みできたとしても夫に内緒で申し込むことはできません。

 

銀行カードローンは同意不要!

夫に内緒でお金を借りたいのであれば、夫の同意や確認が不要な銀行カードローンしかありません!
申し込み〜融資まで、誰に知られることもなく手続きが出来るので、安心です♪
もちろん、利用中に確認の書類や電話が本人以外にいくこともありません。

 

注意していただきたいのは、利用明細書です!
郵送のものではなく、インターネット上で確認できるものを利用すれば、より安心です。

専業主婦のカードローン審査が通らないときは?

銀行のカードローンは、限度額が大きいため、審査も少し厳しくなっています
個人の信用が下がる様なポイントがあると、審査を通ることは難しくなります。
審査に落ちる理由は、他社で借り入れをしている、滞納をしたことがある、リボ払いを利用しているなど様々です。
なぜ審査に落ちたかは教えてもらえないので、心当たりを考えるしかありません。

 

2社同時申し込みをおすすめ!

カードローン同時

万が一審査に落ちてしまと、審査に落ちたということが次の申し込み時に不利になってしまいます。
審査に落ちてしまってもいいように、同時に2社申し込むことをおすすめします!

 

これなら、審査が通る確率もあがりますし、どちらも通った場合には、どちらか利用しやすい方を選択すればいいだけです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る